無題 - 石道
2017/07/06 (Thu) 14:38:59
FIGUランデスグルッペヤーパンの
2009 連想(DVD) は欠品中ですね。

私はこれを持っていませんので
いつ再販されるか、ご予定と内容について
数度、ヤーパンにお問い合わせしていますが
回答をいただけませんでした。

このDVDの内容についてご存知でしたら
ご教示いただけるとありがたいです。

Re: 無題 - ひろ
2017/07/06 (Thu) 15:04:38
私は買っていませんでした。

前のFJの人たちの製作でしょうか。

恵子さんは、持っていますか?
Re: 無題 - kei
2017/07/08 (Sat) 10:52:08
昨日は出かけていて返事が遅くなりました。

FIGU-JAPAN講演会2009年
「連想」シモーネ・リッカウアー
「心理の杯」シュテファン・リッカウアー

のことでしょうか?
それでしたら手元にあります。

連想は脳の機能、神経細胞などの説明
否定的な想念に囚われたら、願望夢、空想に向かうこと
などです。

真理の杯は預言者の系譜などを説明していました。
Re: 無題 - 石道
2017/07/08 (Sat) 11:46:44
Keiさん。

ご回答ありがとうございました。
2009年の東京での講演会のDVDだったのですね。
副題を商品名にしていますので、間違いや錯誤の原因に
なってしまいますね。
じつは些細なことですが,
先日、商品名の錯誤でヤーパンとトラブルがあり
(商品という言葉を使うのは適切ではありませんが)
ホームページの訂正と、取り扱われる商品の
内容の把握を正確に戴くようにお願いいたしました。
今のところ、こちらもお返事はいただけていません。
商売ではない厳しいミッションとはいえ、
どれほど高邁な使命感があっても放置や無視があってはいけませんね(笑)
極めて多忙なのは理解できますが
私も会社運営をしてきましたので組織というものを見る目は確かです。

昔、FIGUヤーパンの時代も、組織が崩壊する数年前から
階級意識~組織崩壊の現実性について。
しつこくメールで警告させて戴いたことがあります。(笑)

この種の事柄に携わると、大抵は
人間は知らず知らずに、高邁な精神が、卑屈、あるいは傲慢に
陥りやすいものだと実感しています。

このときも完全無視されましたが
今回の組織も崩壊はないと思いますが
ビリーの死後はこのまま何も進展や発展も無く、
終わってしまいそうな気はします。

私も長年の仕事の整理をして自分の時間が作れるように
なりましたので、持病に支障が出ない程度に
来年以降は色々とお手伝いをしたいとは考えているのですが。
Re: 無題 - kei
2017/07/08 (Sat) 12:22:38
>私も長年の仕事の整理をして自分の時間が作れるように

リタイアしたのですか?
私は、、まだ数年先になりそうです。(笑)

DVDの商品名が違うと戸惑いますよね
パッケージの通りに載せて欲しいと思いますが
表示欄のセルに入りきらないのであのようにしたのかな
と想像しました。

新しいメンバーに特権意識はないと思いますが
忙しいとはいえメールに返事がないのは寂しいですね。
Re: 無題 - 石道
2017/07/08 (Sat) 15:57:05
Keiさん。

仕事のほうは、今年の3月末で、
自分だけの仕事を残し従業員は転職してもらい
縮小させました。
当面はぎりぎりの生活費だけ得られればよいという考えで
縮小させた状況で維持し、
今後は新しく別の体に負担の無いデスクワークのほうを
開拓しています。

家具修理の仕事は来年4月で完全に辞め、
それ以降は完全にデスクワークのみとなります。。

毎日がきつい肉体労働と従業員の給料の支払いの負担、
この31年間は月に250~300時間働いていましたが
父の仕事の失敗による莫大な負債をどうにか済ませることができましたので、セミリタイヤすることが叶いました。

残り余生は人間らしい生活を取り戻してゆきたいと思います(笑)


ひろさん。

それと、ホームページのリンクのほうは有難うございました。
お礼の言葉が遅くなりましたが
あのホームページも一定の役割を果たすことができました。

従業員にやめてもらうのはやはり大変でした。結局、
ウチ以上に待遇のよいところが無いんですね。
私も今までつきに10~15万円以上余計に給料を
渡していたことをようやく理解してもらえ、病気の件も含め
納得してくれました。
Re: 無題 - ひろ
2017/07/08 (Sat) 18:20:02
業務を縮小された時点で、外しました。
従業員は既得権のように、しがみついたのですよね。
大変でしたね。次の仕事は、肉体的にはゆったりが良いですね。
ほんとにお疲れさまでした。
Re: 無題 - kei
2017/07/09 (Sun) 09:50:32
そうでしたか、我が家も自営ですので
色々、、お気持ちよく分かります。

従業員がいると大変なんですよね
仕事の確保、お給料、ボーナスなどを
毎月毎月考えていなければならず
儲かっているときはいいけれど・・・
そんな心配をするのが嫌で、我が家はもうだいぶ前から
主人と私の二人だけでやっています。
ですが、うちも主人は肉体労働(整備士)なので
あちこち体に支障が出てきています。

私も大分、、体がきつくなってきていて、病気も見つかったりして
あとどれくらい続けられるか・・・
主人はまだ60歳なので年金もまだ貰えませんし
あと数年頑張ろう!と励ましています(^^;

最近、精神的にマイナス思考が多くなっていたのですが
石道さんの問いで「連想」を見直して
改めて、願望夢、空想など大事さを認識しているところです。
いつも、そう思ってはいても、、
体の痛みなどが出ると、つい悪い方へ考えてしまっています
ダメですね。


Re: 無題 - ひろ
2017/07/09 (Sun) 11:12:49
会社を自営している人たちは本当に大変ですね。
私も、14人の会社を共同経営をしたことがあるので、ちょっとだけ、みなさんの苦労はに理解できます。

マイナス思考に落ち込まないために、願望無を創っておくことは良いですね。常に、その景色を観るのです。

しかし、それは、単なる願望ではありません。

普通の人たちは、例えば、何々したい! なりたい!・・・という願望をします。例えば、七夕でも、他力本願の願望を書くのです。
しかし、それでは逆に達成は不可能です。

例えば、今年の七夕への短冊に書いた、私の願いは次の通りです。

(1) 私は、病気をせず元気に生をまっとうする!
(2) 私は、死ぬ時まで霊の教えを日本語にする!
(3) 私は、気功の能力を最大化する!
(4) 私は、気功で、ビリーや仲間たちを支援する!
(5) 私は、平和瞑想を実行する!

これはすべて私が、死ぬまで自分でやり続け、実現した姿そのものであり、それは自分が自らやるという、願望夢です。

自分の中では既に成っているものです。完成した景色そのものです。

ですから、日々の私の行動の一切が、その実現のためなのだという認識です。
Re: 無題 - kei
2017/07/10 (Mon) 08:44:19
ひろさんの願望夢いいですね!

私も
(1) 私は、病気をせず元気に生をまっとうする!

これが願いです。
寝込まずに寿命まで生きたいと切に願っています。

(4) 私は、気功で、ビリーや仲間たちを支援する!

同じくこれも、働いてスイス本部を支援したいと思っています
少しですが。

(5) 私は、平和瞑想を実行する!

これも、夜中はできませんが
毎月第2日曜は欠かさず実行しています。
毎回、終わった時に今回も無事に平和瞑想できて
良かった!と感謝しています。

願望夢は色々なことが許されるとのことなので
雄大な自然の中に居る映像とか
自分が元気ではつらつとして活動しているとか
南の島の美しい海に居るとか
色々空想しています。
Re: 無題 - 石道
2017/07/13 (Thu) 15:35:16
願望夢についての有用性を
以前からジョセフ・マーフィー博士やナポレオン成功哲学でも
色々と述べられていて、出来るだけ生涯の幸福な夢を
考えるようにしていましたが、現実の困難な問題があります。

それこそ夢のない話になって申し訳ないのですが
自分が仮に80~85歳くらいまで生きられるとした場合
月に30万円ほどの生活費が必要としますと
年間の支給される年金が、社会保険庁からの予定では
120万円ほどですので全く足りません。
(うちで働いていた職人たちは現在、年間220~230万円ほど
支給されています。)

これでは、老後破産してしまうため
体がきつくなり始めた肉体労働から手を引き、来年以降は
自宅で月収50~60万円くらいの手取の仕事の現実的な計画を
進めていますが、こういった面でも正しい願望夢の
意識の活用が大切と考えていました。

30年以上月平均250~300時間働いていたら
普通に貯金が1億円くらいないとおかしいのですが(笑)
父親が悪質な宗教に騙されたり散々事業で失敗し億単位の借金を
作ってしまい、私の積立金まで手を出してしまい
父の死後、まだトータルで800万円近く残っていた借金を連帯保証人の私がようやく今年の5月に完済できましたので
後は、一から老後の生活費のために新しい仕事の開拓です(笑)

悪い時代のせいもありますが、
家族にとっては疫病神になってしまった父親でしたが
亡くなるまで従業員の十分な退職後の年金や平均以上の給料を確保して上げられたことは、(その分、銀行からお金を借りて
従業員の給料にしていたのですが)少なくとも、家族以外の人たちには、良い思いをさせて、人から恨みを買うようなことをしなかったことは救いでした。




Re: 無題 - kei
2017/07/14 (Fri) 10:04:01
投稿しようとしたら
禁止ワードが入っているとかでできません
なんでかな~~

何が禁止ワードなのかな。。
Re: 無題 - kei
2017/07/14 (Fri) 10:06:42
石道さん

ご苦労されたのですね。
従業員の方たちは年間220万円も年金が貰えるのは
すごいですね。経営者の頑張りですね。
Re: 無題 - kei
2017/07/14 (Fri) 10:08:03
石道さん、これから月50万もの収入の計画って
大丈夫ですか、、なんだか心配になってしまいます(^^;
あまり無理しないでくださいね。
Re: 無題 - 石道
2017/07/14 (Fri) 12:13:30
ご心配いただけましてすみません。
ありがとうございます。
月50万円ほどの収入計画は、努力に見合う想定内の
計画で、たぶん大丈夫です。

じつは、現在の住んでいる環境が悪くて
できればもう少し環境のよいところに引っ越すことも
考えていたためです。

川崎は在日汚染が酷すぎて、
仕事の取引で、市内の中国人・韓国人との取引や
在日暴力団関係者からの詐欺で父は随分騙され、
家・土地すべて失ってしまったことがあります。

現在も、町内会の付き合いは在日の某宗教団体の汚染で
いろいろと問題があります。

それと、妻が自宅でピアノ教室を行ってもいますが
やはり、在日の生徒さんと親御さんの日本人とは違う
道徳意識の乖離で色々と頭が痛いところです。
部屋のなかで平気で大小便漏らしても中国人の親は謝りもせず
平気でいられるというのは、日本人では少し考えられないですね(笑)。在日の方々が大変多いので、問い合わせに来る
方々も半分は在日で仕方は無いのですが、妻は、こんなところは
出てゆきたいと何時も怒っています(笑)

生まれ育った場所ですが、治安や住民の質が酷すぎて
できることなら、ここを出たいと考えています。
そのためにも余計に収入が必要となりました。(笑)

===

お話が少しそれてしまいましたが
このようなブログがありました。
写真の川崎の河川敷は自宅の近くです。
顔写真が出ているのは少しここではどうかなと思いましたが
すみません。
http://2002mar.blog.fc2.com/blog-entry-900.html







Re: 無題 - kei
2017/07/16 (Sun) 10:46:40
この事件も、大津のいじめ事件も
本当にひどいですよね!
むかむかします。

なぜ、こういう残忍なことができるのでしょうか
本当に、、いつも考え込んでしまいます。。


ここを出ていきたいと言う気持ち
理解できます。
Re: 無題 - ひろ
2017/07/16 (Sun) 11:39:05
そばに住んでいて、在日の実態を知りませんでした。
酷いものですね。
Re: 無題 - 石道
2017/07/16 (Sun) 23:59:09
35年ほど前に、八王子のほうの中学校で教育実習をしました。
私が小中学生のとき、地元(川崎区)は
絶望的なくらい荒廃していました。
私も在日の母子家庭の生徒に階段のうえから 突き落とされて
右足首複雑骨折させられたことがあります。
学校側はうやむやに隠蔽しようとして大変なことになりました。
後遺症で正座は、痛みで上手く出来ません。
そのときの事があったので、出来れば実習は高校でしたかったのですが、ちょうど、アメリカでの授賞式に重なってしまって
実習の空きがなくなってしまったため、大学側の配慮で近くの中学校になりましたが、心配していた事は全く無く、
穏やかでほのぼのとして、
川崎区と全く雰囲気が違うので驚きました。
実に穏やかで拍子抜けしてしまいました。
やはり決して大げさな話しではなく、地域格差というものが大きいようですね。

===
私の個人的な考えでしたが
人間の残忍性、特に少年期の際立つ情け容赦ない残忍性に関しては
過去の人間に行われた遺伝子操作による戦闘ロボットとしての
堕落という面が、霊的に未発達な段階であるほど
そして、半島出身者に多い、近親交配を繰り返して世界的に例を見ないほど、堕落した遺伝子配列が、太古に遺伝子操作された
残忍性をさらに誘発しやすくしているのではないかと、考えていました。
霊的にも判断出来ず、制御も出来なくなるのでしょうね。
恐ろしいことです。
Re: 無題 - kei
2017/07/17 (Mon) 08:44:49
朝鮮人は近親交配をよしとしていたんですものね
ユダヤもそうでしたよね。


石道さん、アメリカでの授賞式って
何ですか?
Re: 無題 - 石道
2017/07/17 (Mon) 12:41:08
アメリカの授賞式は
紙飛行機の国際コンテストでした(笑)
私の作品は、現在、ボーイング社の航空博物館に展示されています。
Re: 無題 - ひろ
2017/07/17 (Mon) 13:15:54
凄いですね。その飛行機そのものの写真無いですか?
Re: 無題 - 石道
2017/07/17 (Mon) 13:51:56
こちらになります。
もともと、初期のボーイング社の工場が博物館だったのですが新しく建て直されたようです。

Museum of Flight Home Page Link
https://www.museumofflight.org/About-Us/

作品はこちらです(笑)
http://arahaat.exblog.jp/4433965/
Re: 無題 - ひろ
2017/07/17 (Mon) 16:05:18
やっぱりすごいですね。美しいものばかりです。
Re: 無題 - 石道
2017/07/17 (Mon) 20:33:49
ありがとうございます。
これは作品の一部でしたが他に多くのものを作ってきました。
Re: 無題 - kei
2017/07/18 (Tue) 10:47:45
紙飛行機の国際コンテストでしたか
前に、うちの掲示板で写真見せてもらいましたね

本当にすごい才能ですね
来世では実物の飛行機、ロケット制作にかかわるのかな(^^)/
Re: 無題 - 石道
2017/07/18 (Tue) 11:22:53
地球の航空機はあまりにも物理的制限が大きすぎて
多分、来世は亡くなったギドーさんたちとの共同研究で
地球製空飛ぶ円盤の実用化。それしかないと考えています(笑)
今でも、何とか重力を制御できるようにならないかと
そんなことばかり考えています。
理科大で物理を専攻していた知り合いと清家さんの逆重力機関
について、一時期話したこともあり、、清家さんの本も熱心に
読みましたが、間違いだらけでがっかりでした。(笑)


  1. (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
  2.